阿南惟幾

提供: サクラタロウ
2019年1月4日 (金) 16:23時点における奥田憲一郎 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
あなみ これちか
阿南惟幾
陸軍大将
従三位勲一等功三級
ANAMI Korechika.jpg
士候18 陸大30
大分県
明治20年2月21日 - 昭和20年8月15日自決


経歴

明治20年2月21日
明治38年11月25日 陸軍士官学校卒業(第18期)
明治39年6月26日 陸軍歩兵少尉
大正4年11月29日 陸軍大学校入校
大正7年11月29日 陸軍大学校卒業(第30期)
昭和3年8月10日 歩兵第45聯隊留守隊
昭和4年8月1日 侍従武官
昭和5年8月1日 陸軍歩兵大佐
昭和8年8月1日 近衛歩兵第2聯隊
昭和9年8月1日 東京陸軍幼年学校
昭和10年3月15日 陸軍少将
昭和11年8月1日 陸軍省兵務局
昭和12年3月1日 陸軍省人事局
昭和13年3月1日 陸軍中将
昭和13年11月9日 第109師団
昭和14年9月12日 参謀本部附
昭和14年10月14日 陸軍次官
昭和15年4月29日 勲一等旭日大綬章
昭和16年4月10日 第11軍司令官
昭和17年7月1日 第2方面軍司令官
昭和18年5月1日 陸軍大将[1]
昭和19年12月26日 陸軍航空総監
軍事参議官陸軍航空本部
昭和20年4月7日 陸軍大臣[2]
昭和20年8月15日 自決

出典

  • 上法快男監修・外山操編『陸海軍将官人事総覧』陸軍篇(芙蓉書房、昭和56年)
  1. この時正四位勲一等功三級
  2. この時従三位勲一等功三級