参謀総長

提供: サクラタロウ
参謀本部長から転送)
移動先: 案内検索

参謀総長

  • 参謀本部長として設置。
  • 明治21年5月14日から上位に参軍を置き、陸軍参謀本部長、海軍参謀本部長に分かれる
  • 明治22年3月9日参軍制を廃し、参謀総長に改称、海軍参謀本部が独立し海軍軍令部設置。
氏名・階級 就任 退任 後職 備考
参謀本部長
山縣有朋 中将 明治11年12月24日 明治15年8月7日 参事院議長を兼ねる
(扱)山縣有朋 中将 明治15年8月7日 明治15年9月4日
(兼)大山 巖 中将 明治15年9月4日 明治17年2月13日 陸軍卿の兼勤
山縣有朋 中将 明治17年2月13日 明治18年12月22日 参議内務卿の兼勤
熾仁親王 大将 明治18年12月22日 明治21年5月14日 近衛都督を兼ねる
参軍
熾仁親王 大将 明治21年5月14日 明治22年3月9日 参謀総長
陸軍参謀本部長
小澤武雄 中将 明治21年5月14日 明治22年3月9日 休職 臨時砲台建築部長を兼ねる
明治23年10月4日予備役
参謀総長
熾仁親王 大将 明治22年3月9日 明治28年1月15日 薨去 神宮祭主議定官を兼ねる
彰仁親王 大将 明治28年1月26日 明治31年1月20日 元帥
川上操六 中将 明治31年1月20日 明治32年5月11日歿 明治31年9月28日大将
在職中に死去
大山 巖 大将 明治32年5月16日 明治37年6月20日 満洲軍総司令官
山縣有朋 大将 明治37年6月20日 明治38年12月21日 枢密院議長
大山 巖 大将 明治38年12月31日 明治39年4月11日 内大臣
兒玉源太郎 大将 明治39年4月11日 明治39年7月23日 薨去 在職中に死去
奥 保鞏 大将 明治39年7月30日 明治45年1月20日 議定官 明治44年10月24日元帥
長谷川好道 大将 明治45年1月20日 大正4年12月17日 大正4年1月9日元帥
大正5年10月16日朝鮮総督
上原勇作 大将 大正4年12月17日 大正12年3月17日 待命 大正10年4月27日元帥
河合 操 大将 大正12年3月17日 大正15年3月2日 予備役
鈴木莊六 大将 大正15年3月2日 昭和5年2月19日 後備役
金谷範三 大将 昭和5年2月19日 昭和6年12月23日 軍事参議官
載仁親王 元帥 昭和6年12月23日 昭和15年10月3日 議定官
杉山 元 大将 昭和15年10月3日 昭和19年2月21日 教育総監 昭和18年6月21日元帥
(兼)東條英機 大将 昭和19年2月21日 昭和19年7月18日 内閣総理大臣 内閣総理大臣の兼勤
梅津美治郎 大将 昭和19年7月18日 昭和20年10月15日 軍事参議官

出典

  • 上法快男監修・外山操編『陸海軍将官人事総覧』陸軍篇(芙蓉書房、昭和56年)