兒玉源太郎

提供: サクラタロウ
児玉源太郎から転送)
移動先: 案内検索
こだま げんたろう
兒玉源太郎
陸軍大将
正二位勲一等功一級子爵
KODAMA Gentaroh.jpg
草創期
山口県
嘉永5年閏2月25日 - 明治39年7月23日


経歴

郎の旧字体
嘉永5年閏2月25日
明治4年4月15日 陸軍准少尉
明治7年8月28日 熊本鎮台参謀
明治11年11月27日 近衛参謀副長
明治13年5月7日 歩兵第2聯隊長兼佐倉営所司令官
明治16年2月6日 陸軍大佐
明治18年5月26日 参謀本部管東局
明治18年7月14日 参謀本部陸軍部第1局
明治19年9月30日 陸軍大学校幹事
明治20年6月3日 免本職補監軍部参謀長
兼職如故
明治20年10月25日 兼補陸軍大学校[1]
陸軍将校生徒試験委員長
明治22年5月7日 輜重兵監欠員中臨時同兵監職務取扱被仰付
明治22年8月24日 陸軍少将
明治24年10月25日 欧洲出張
明治25年8月18日 帰朝
明治25年8月23日 陸軍次官陸軍省軍務局
明治26年4月12日 陸軍省法官部長(~明治29年5月20日)
明治28年3月28日 大本営留守参謀長
明治28年4月1日 兼補臨時陸軍検疫部
明治28年8月20日 男爵
明治29年10月14日 陸軍中将
明治31年1月14日 第3師団
明治31年2月26日 台湾総督(~明治39年4月11日)
明治33年12月23日 陸軍大臣
明治35年3月27日 免兼
明治36年7月15日 内務大臣
明治36年10月2日 免兼
明治36年10月12日 参謀本部次長
明治37年6月6日 陸軍大将
明治37年6月20日 満洲軍総参謀長
明治38年12月19日 参謀本部次長事務取扱
明治39年4月1日 功一級金鵄勲章旭日桐花大綬章
明治39年4月11日 依勲功特陞授子爵
参謀総長
参謀本部次長事務取扱被免
依願免本官(台湾総督
明治39年7月13日 南満洲鉄道株式会社設立委員長被仰付
明治39年7月23日 薨去
正二位
特旨ヲ以テ位一級被進
明治40年10月2日 嗣子秀雄が父源太郎の勲功により伯爵に陞爵

出典

  1. この時には陸軍大学校幹事の記載はなかった。