関東都督府

2018年6月19日 (火) 19:47時点における奥田憲一郎 (トーク | 投稿記録)による版 (参謀)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

関東都督

氏名・階級 就任 退任 後職 備考
大島義昌 大将 明治38年10月18日 明治45年4月26日 軍事参議官 軍事参議官を兼ねる
福島安正 中将 明治45年4月25日 大正3年9月15日 後備役 大正3年9月15日大将進級
中村 覺 中将 大正3年9月15日 大正6年7月31日 軍事参議官 大正4年1月25日大将進級
中村雄次郎 中将 大正6年7月31日 大正8年4月11日 予備役貴族院議員

参謀長

氏名・階級 就任 退任 後職 備考
落合豊三郎 少将 明治38年10月31日 明治39年11月27日 第1師団司令部附
神尾光臣 少将 明治39年11月27日 明治40年11月13日 近衛歩兵第1旅団
星野金吾 少将 明治40年11月13日 大正1年9月28日 参謀本部附
柴 勝三郎 少将 大正1年9月28日 大正1年12月26日 陸軍省軍務局
福田雅太郎 少将 大正1年12月26日 大正3年5月11日 参謀本部第2部
西川虎次郎 少将 大正3年5月11日 大正5年8月18日 参謀本部第4部
高山公通 少将 大正5年8月18日 大正7年7月24日 陸軍中将独立守備隊司令官
濱面又助 少将 大正7年7月24日 大正8年4月12日 関東軍参謀長

参謀

氏名・階級 就任 退任 後職 備考
西川虎次郎 中佐 明治38年11月31日 明治39年5月28日 陸軍大学校教官
木下宇三郎 中佐 明治39年9月1日 明治40年11月13日 陸軍大佐陸軍野戦砲兵射撃学校長
宮田爲之 大佐 明治42年1月28日 明治44年6月15日 歩兵第40聯隊
吉江石之助 中佐 明治44年6月28日 大正2年7月3日 歩兵第47聯隊 高級参謀
明治45年4月1日大佐
香椎秀一 大佐 大正6年4月5日 大正8年6月28日 陸軍少将浦塩派遣軍作戦課長 高級参謀

陸軍副官

氏名・階級 就任 退任 後職 備考
吉永狂義 中佐 明治40年11月13日 明治43年11月30日 陸軍大佐歩兵第61聯隊

砲兵部長

氏名・階級 就任 退任 後職 備考
野間 駉 少将 明治38年10月31日 明治39年7月7日 歿 在職中に死去

営口軍政署長官

氏名・階級 就任 退任 後職 備考
與倉喜平 中佐 明治38年[1] 明治39年12月20日 歩兵第1聯隊

関東都督府附

氏名・階級 就任 退任 後職 備考
高山公通 中佐 明治39年3月1日 明治41年9月12日 第4師団参謀長
荒木貞夫 大佐 大正7年7月24日 大正7年11月1日 浦塩派遣軍参謀

出典

  • 上法快男監修・外山操編『陸海軍将官人事総覧』陸軍篇(芙蓉書房、昭和56年)
  1. 『陸海軍将官人事総覧』で明治37年7月28日となっているが、まだ関東総督府は設置されていないし、営口も獲得していない。