立見尚文

たつみ なおふみ
立見尚文
陸軍大将
正三位勲一等功二級男爵
TATSUMI Naofumi.jpg
草創期
三重県
弘化2年7月19日 - 明治40年3月6日


経歴

尚の旧字体
文の旧字体
弘化2年7月19日
明治10年6月29日 陸軍少佐
明治17年2月14日 歩兵第1聯隊
明治18年5月27日 近衛歩兵第3聯隊
明治19年8月11日 小松宮欧洲出張随行
明治20年11月16日 陸軍歩兵大佐
明治20年12月5日 帰朝
明治22年3月12日 第3師団参謀長
明治22年9月11日 近衛参謀長
明治24年12月14日 近衛師団参謀長
明治27年6月14日 陸軍少将歩兵第10旅団
明治28年8月20日 男爵
明治29年1月27日 免本職参謀本部附被仰付
陸軍大学校長事務取扱被仰付
明治29年4月1日 参謀本部附陸軍大学校長事務取扱被免
台湾総督府軍務局長
台湾総督府軍務局陸軍部長兼勤被仰付
明治30年10月1日 台湾総督府幕僚参謀長
明治31年10月1日 陸軍中将第8師団
明治39年5月29日 陸軍大将
明治37年6月7日 動員下令
明治39年7月6日 休職
明治40年3月6日[1] 薨去
明治40年10月2日 嗣子豊丸子爵に陞爵

出典

  1. 『陸海軍将官人事総覧』では3月7日