楠瀬幸彦

くすのせ ゆきひこ
楠瀬幸彦
陸軍中将
功三級
KUSUNOSE Yukihiko.jpg
士官生徒3
高知県
安政5年3月15日 - 昭和2年10月13日


経歴

瀬の旧字体
彦の旧字体
安政5年3月15日
明治10年5月 陸軍士官学校
明治12年12月22日 陸軍砲兵少尉
明治25年4月5日 露国公使館附
明治27年11月16日 臨時京城公使館附
明治28年10月 入獄(閔妃事件
明治29年1月 出獄
明治29年4月1日 台湾総督府陸軍軍務局第1課長
明治30年10月11日 陸軍砲兵大佐
明治31年10月1日 西部都督部参謀長
明治33年4月25日 第12師団参謀長
明治34年6月26日 陸軍少将
対馬警備隊司令官
明治35年5月5日 免本職
大阪砲兵工廠堤理
明治37年3月27日 第2軍兵站監
明治37年6月25日 第4軍砲兵部長
明治38年5月9日 満洲軍重砲隊司令官
明治39年2月14日 由良要塞司令官
明治39年7月6日 免本職樺太守備隊司令官被仰付
明治40年4月1日 樺太庁長官
叙高等官二等
明治40年5月1日 樺太守備隊司令官[1]
明治40年11月13日 陸軍中将
明治41年4月24日 免本職第1師団司令部附被仰付
依願免本官(樺太庁長官)
明治41年12月21日 由良要塞司令官
明治44年6月15日 陸軍技術審査部
大正2年6月24日 陸軍大臣
大正3年4月10日 待命
大正4年4月16日 休職
大正6年4月16日 予備役
大正10年4月1日 後備役
昭和2年10月13日 歿

出典

  1. 樺太庁長官はそのまま。