安藤嚴水

あんどう いづみ
安藤嚴水
陸軍中将
従三位勲二等
士官生徒6
高知県
元治元年6月12日 - 昭和10年1月28日


経歴

藤の旧字体
元治元年6月12日
明治14年1月 陸軍士官学校
明治16年12月 陸軍士官学校卒業
明治16年12月25日 陸軍歩兵少尉
明治37年3月10日 皇族附武官守正王附属)
明治38年10月11日 歩兵第49聯隊
明治39年5月14日 免本職
皇族附武官
守正王附属被仰付[1]
明治39年12月14日 陸軍歩兵大佐[2]
明治42年8月3日 免本職
陸軍士官学校生徒隊長兼同校教官陸軍将校生徒試験常置委員[2]
明治43年11月30日 陸軍少将歩兵第5旅団
大正2年6月9日 免本職
歩兵第1旅団
大正4年2月15日 陸軍中将第13師団
大正7年7月24日 待命
大正8年4月1日 予備役
昭和2年4月1日 後備役
帝国在郷軍人会副会長
帝国在郷軍人会顧問
昭和10年1月28日 薨去

出典

  1. 『陸海軍将官人事総覧』には明治39年5月14日陸軍士官学校教官とあるが、明治39年5月15日官報では皇族附武官。しかし、明治39年職員録では守正王附属武官は山田隆一中佐。『日本陸海軍総合事典』ではこの頃山田中佐は陸軍省軍務局課員
  2. 2.0 2.1 『陸海軍将官人事総覧』には明治39年12月14日大佐進級と同時に陸軍士官学校生徒隊長就任となっているが、明治42年8月4日官報によると明治42年8月3日。