多田駿

ただ はやお
多田 駿
陸軍大将
功二級
士候15 陸大25
宮城県
明治15年2月24日 - 昭和23年12月18日


経歴

明治15年2月24日
明治36年11月30日 陸軍士官学校卒業(第15期)
明治37年3月18日 陸軍砲兵少尉
明治43年12月12日 陸軍大学校入校
大正2年11月26日 陸軍大学校卒業(第25期)
大正15年3月30日 支那政府応聘(北京陸大教官)
昭和2年7月26日 陸軍砲兵大佐陸軍大学校教官
昭和3年3月8日 野砲兵第4聯隊
昭和5年3月6日 第16師団参謀長
昭和7年4月11日 満洲国軍政部最高顧問
昭和7年8月8日 陸軍少将
昭和9年8月1日 野戦重砲兵第4旅団
昭和10年8月1日 支那駐屯軍司令官
昭和11年4月28日 陸軍中将
昭和11年5月1日 第11師団
昭和12年8月14日 参謀次長陸軍大学校
昭和13年3月5日 免兼
昭和13年12月10日 第3軍司令官
昭和14年9月12日 北支那方面軍司令官
昭和16年7月7日 陸軍大将軍事参議官
昭和16年9月2日 予備役
昭和23年12月18日 歿

出典

  • 上法快男監修・外山操編『陸海軍将官人事総覧』陸軍篇(芙蓉書房、昭和56年)